2019年12月31日

今年の総括です


 こんにちは。米澤です。

 今年はかなしい年でした。
 よいこともいろいろありました。本を出すことも出来ました。いつもはふつうに暮らしています。
 でも、心の奥からかなしさが消えません。夜中にわっと叫んでしまうこともあります。

 今年を振り返れば、いまだに言うべき言葉が見つからないのです。

posted by 米澤穂信 at 00:26| 近況報告

2019年12月10日

「龍軸経」


掲載誌:「オール讀物」2020年 1月号
発売日:2019年12月10日


 唐天竺の海も案内いたしましょう。凍りつく海、煮え立つ海も見物いたしましょう。いつまでも、どこまでもお心のままにお連れいたします。



「オール讀物」に寄稿した短編です。

 京都生まれのかれは家の事情で引っ越すことになり、船に乗せられたが、ひどい船酔いに苛まれた。苦しみぬいて、ふと気づくと、まわりには誰もいない。とにかく船から逃れたい一心で海に飛び込むと、不思議と五体が水に馴染む。しばらく海に遊ぶうち、魚たちの泳ぎを見るうちに、どうもその自在さが羨ましくなってきた。もっと思うままに遊んで、海の彼方までも見物したいものだと思っていると、海底から龍が現れて、願いをかなえてくれるといった……。


 おそれ知らずにも、本歌は雨月物語、「夢応の鯉魚」です。

posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇