2020年12月31日

今年の総括です


 こんにちは。米澤です。
 今年は、

1月 『巴里マカロンの謎』(創元推理文庫)刊行 「花影手柄」中篇
2月 『消えた脳病変』(浅ノ宮遼 創元推理文庫)解説 「花影手柄」後篇
3月
4月 日経新聞「半歩遅れの読書術」全四回
5月 「遠雷念仏」前篇
6月 「崖の下」 「ありがとう、コーヒーをどうぞ」 「里芋病」 「友情」 「遠雷念仏」中篇
7月 「遠雷念仏」後篇
8月 「バラ法」
9月 「落日孤影」前篇
10月 「落日孤影」後篇 ワテラスコモン・オンライン読書会
11月 ワセダミステリ・クラブオンライン講演会
12月 「桑港クッキーの謎」

 といった感じでした。
 世情が騒がしい中、小説の仕事に打ち込んだ一年でした。

 史上、さまざまな疫病が流行し、終息していきました。
 今回のそれが一日でも短くあることを願います。

posted by 米澤穂信 at 21:16| 近況報告

2020年12月11日

「桑港クッキーの謎」


掲載誌:「ミステリーズ!」(東京創元社)
発売日:2020年12月21日


わたし、誰にでも公平でありたいと思ったことは、一度もない。



 船戸高校出身の芸術家縞大我が、サンフランシスコ美術展で特別賞を受賞。全国紙でも報道され、テレビでも取り上げられる騒ぎとなり、市はにわかに活気づく。そんな中、小鳩常悟朗は新聞部の堂島健吾から頼みごとをされる。いわく、
「小佐内を紹介してくれないか?」

 新聞部員の健吾は、縞大我の学生時代の活動を調べるうち、縞が残した絵を見つけたのだ。だがそれはロシアの画家の絵にそっくりだった。練習のために模写したのかと思われたが、どうやらこの絵は県展に出展されていたらしい。
 この絵は剽窃なのか? 健吾は卒業生の成功を祝うつもりで、彼の旧悪を暴いてしまったのか?
 剽窃ではないと言える理由が、何かひとつでも見つからないか。健吾は藁にも縋る気持ちで、かつて絵にまつわる謎を解いた(ことになっている)小佐内を頼ろうとしている。

 相談を受けた小佐内は言う。
「いやです」
 まあ、そうだよね、と小鳩は思う。小市民たらんとする小佐内ゆきが、どうして鑑定士のまねごとをしなければならないのか。だけどそこはそれ、人情というものがあるじゃないか!
 ふたりは紆余曲折の末、絵の正体に迫っていく。
 謎のカギを握るのは――サンフランシスコ生まれのにくいやつ、フォーチュンクッキー。


 調査と捜査の面白さを描ければと思った短編です。
 お楽しみいただければ幸いです。

タグ:〈小市民〉
posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇