2015年07月30日

『王とサーカス』


kings_and_circuses.jpg

KINGS AND CIRCUSES

著:米澤穂信
写真:岩郷重力+K.K
装幀:岩郷重力+K.K
出版社:東京創元社

発売日:2015年7月29日
定価:本体1,700円(税別)
四六判上製
ISBN:978-4-488-02751-3


信念を持つこととそれが正しいことの間には関係がない。




 19冊目です。

 新聞社に勤めていた太刀洗万智は、やむを得ない事情から五年目にして職を辞し、フリーの記者として生きていこうとする。
 雑誌社から紹介された仕事に便乗し、事前取材と休暇を兼ねて何気なく訪れたネパールで、彼女は大事件に遭遇した。入国の翌日、ネパール国王が殺されたのだ。
 伝えることを自らの仕事と考える太刀洗は、カメラを手に取材を始める。突然の大事件に混乱する人々の声を聞き取るうち、彼女は幸運にも、国王殺害の現場近くにいた軍人と会う機会を得る。指定された場所に向かいながら、太刀洗は奇妙な緊張を覚えていた。この取材は、危険なのではないか?
 彼女の予感は当たった。しかし危険は、想像とは別の形で襲ってきた。
 ――太刀洗万智はこの国で、自らの信念を問われることになる。


 長篇ミステリです。
さよなら妖精』とは登場人物の一部が共通していますが、続篇というわけではありません。
 作中で取り上げられる事態の「真犯人」を当てるのは、ちょっと骨が折れる仕事になるでしょう。
posted by 米澤穂信 at 00:12| 既刊情報