2009年01月30日

ひっかけました

 こんにちは。米澤です。

 先日、人に会った折、こんな話をしました。


「この間、湯上がりにちょっとドジを踏みまして。何しろ風呂場では眼鏡をかけられないので、足元が見えてなかったんですね。部屋を歩いていたら、パソコンのケーブルを足の指にひっかけたんです。
 ああ、転んだりはしませんでしたよ。つんのめっただけで。ただ、ツメがね……。
 ベキッて音がしたんで、嫌な予感はあったんですよ。足元を見てみたら案の定というか、ツメが折れていたんです。
 思いっきり引っ張りましたからね、根本からぽっきりいってました。折れる時はきれいに折れるもんですね。
 それでまだとれたままなんですが、いつもはツメなんて気にしなかったのに、ないと何かと不便なんですよ。何だか頼りなくって」

 会話の相手をふと見ると、この世の終わりのような顔をしていました。
「そういうイタイ話はやめてください」と言われたので、やめました。


 家に帰ってきて気づきました。
 ああ、爪か。

 こっちのツメの話をしていたつもりでした。


tume.JPG


「ツメと爪……。これで事実誤認、ないし叙述トリック……。よし! いける!」
 などとは思いませんでした。一瞬たりとも。

 いやほんとほんと。
posted by 米澤穂信 at 21:10| 近況報告