2009年03月10日

解説をお願いしました

 こんにちは。米澤です。

『秋期限定栗きんとん事件 下』には解説が附されています。
 今回は、なんと、辻真先先生に書いて頂きました。

 小鳩と小佐内、あるいは〈古典部〉シリーズの折木と千反田、あるいは『さよなら妖精』の守屋と太刀洗。
 彼らの関係性の源流の一つには、いわゆる「青春三部作」のスーパーとポテトが、間違いなく存在しています。平易でありながら不意に胸を刺す辻先生の文章は、私の目標とするところでもあります。
 その辻先生に解説を書いて頂けるとは望外の喜びです。お願いできると決まった時は、小躍りしてしまいました。

 本作をお読みになる際は、ぜひとも解説にもご注目ください。
posted by 米澤穂信 at 11:01| お知らせ