2010年03月05日

『黄金三角』

ougon_sankaku.jpg

著:モーリス・ルブラン
訳:南洋一郎
挿画:奈良葉二
解説:米澤穂信
装画:牧 秀人
装幀:モリサキデザイン
出版社:ポプラ社

発売日:2010年3月5日
定価:609円
文庫判
ISBN:978-4-591-11674-6

 モーリス・ルブラン『黄金三角』がポプラ文庫で復刊されました。
 今回、その解説をお任せいただきました。

 ルブランの復刊というより、南洋一郎訳の復刊という意味合いが濃いように思います。
 ですが解説はその辺りの事情には触れず、第一次世界大戦という特別な事情の中で書かれた本書について、私なりの視点と考えを記しました。

 この冒険譚が多くの子供に届く一助になればと思っています。
posted by 米澤穂信 at 00:00| 解説・推薦・編纂