2013年06月06日

『十蘭ラスト傑作選』


10_run_last.jpg

著:久生十蘭
解説:阿部日奈子
装画:北川健次
装幀:山元伸子
出版社:河出書房新社

発売日:2013年6月6日
定価:本体760円
文庫版
ISBN:978-4-309-41226-9

 透徹した知、乾いた浪漫、そして時には抑えきれぬ筆。十蘭が好きだ。

 河出文庫が刊行していた久生十蘭短編集シリーズが、七巻でひとまず最終巻となります。
 そのオビ文を書かせていただきました。

 以下に収録作を挙げます。

風流旅情記

雪原敗走記
フランス伯N・B
幻の軍艦未だ応答なし
カイゼルの白書
青髯二百八十三人の妻
信乃と浜路

 海の十蘭に外れなし、南方の海を行く「風流旅情記」、畝傍消失とドッガーバンク事件を並べ冒険小説の旨味も味わえる「幻の軍艦未だ応答なし」。推定処女作「蠶」。ノンフィクション的な筆致がロシアの大地に及んで秘境小説かと思うような「雪原敗走記」など、短編集七冊目に至っても落ち穂拾い的な肩すかし感が皆無の一冊です。なんといっても、ドイツ皇帝(退位済み)の日々を描いた「カイゼルの白書」が本当に面白い。十蘭にはユーモア短篇も多々ありますが、これが一番好きです。

 私などが「小説の魔術師」を推薦するなど、と尻込みもしましたが、せめて新しい読者に届く一助になればと思います。
posted by 米澤穂信 at 00:00| 解説・推薦・編纂