2012年04月25日

『追想五断章』


riddles_for_memories.jpgMr_Blank.jpgdont_show_my_daughter.jpg

(四六判)
著:米澤穂信
装画:小泉孝司
装幀:芥陽子(note)
出版社:集英社

発売日:2009年8月26日
定価:本体1,300円
四六版上製
ISBN:978-4-08-771304-6

(文庫判)
著:米澤穂信
写真:@Walter B.McKenzie/Getty Images
@KOUTAKU/orion/amanaimages
装幀:泉沢光雄
解説:葉山響
出版社:集英社

発売日:2012年4月20日
定価:本体495円
ISBN:978-4-08-746818-2



 僕は己の掌篇を捨てねばならぬ。そう思い、僕は自分の楽園の片隅に焚き火を設けた。原稿用紙の束を投げ込んで、あの事件の全てを引き受け、死ぬまでの沈黙を誓うつもりだった。本当にそうするつもりだった。




 十四冊目です。

 武蔵野の古書店に居候する菅生芳光は、冬のある日、本を探してほしいという依頼を受けます。依頼主の名は北里可南子。ただ一篇の小説を求めて松本から来たのだという彼女は、首尾良く目当てのものを探し出した芳光に追加の依頼をします。

 二十年以上前に、物陰に隠れるようにひっそりと幾つかの小説を遺した作家、叶黒白。それは可南子の父の筆名でした。
 彼が書いた小説は五篇。奇妙なことに、それはどれも、結末を書かないリドル・ストーリーなのだといいます。そして可南子は、その書かれなかった結末を持っているのだとも。

 失われた小説を探す芳光は、やがて一つのキーワードに行き着きます。
 ――「アントワープの銃声」。
 二十二年前の不審な死が、おぼろに姿を現します。


 長篇ミステリです。
 手紙、雑誌記事、作文、そして失われた五篇のリドル・ストーリー。そうしたさまざまな「残されたテキスト」を素材に、ひとつの小説を書きました。
 花火を上げてアピールするような華々しい変化ではありませんが、これが新境地というものかもしれない、としみじみ思います。
posted by 米澤穂信 at 00:00| 既刊情報

2012年04月21日

「夜警」(「一続きの音」改題)


「小説新潮」2012年5月号(新潮社)収録
発売日:2012年4月21日 雑誌定価:952円



 煙草の脂で黄色く汚れ、線香の煙に混じってどぶ川の匂いさえ漂ってくるような六畳間が、俺の告解室だった。




 雑誌「小説新潮」に寄稿した短篇です。

 国道60号線沿いに建つ交番に、警察学校を出たばかりの新人、川藤浩志が配属された。
 交番長の柳岡は、新人を一見して嫌な予感を覚える。警官には向かない男……。その予感は、川藤の仕事ぶりを見る中で確信に変わっていく。

 しかし柳岡には、かつて未熟な新人警官を厳しく指導し、失敗した過去があった。
 川藤がいずれ道を踏み外すとしても、自分は口を出すまい。そう決めて数ヶ月、事件が起きる。

 ある秋の夜。これまで幾度も夫の不審行動を訴えていた田原美代子から、110番通報が入った。柳岡たちは万が一に備え防刃ベストを着込み、現場の民家へと急行する。
 呼べども返事がない家からは、時折悲鳴が響く。
 警官たちは警棒を構え、現場へと突入していく……。

 そして柳岡は回想する。
 二階級特進した川藤警部補。やはり、あいつは所詮、警官には向かない男だった、と。


「小説新潮」2012年5月号には、マガジン・イン・マガジンとして「Story Seller 2012」が入っています。本作はその中に加えて頂きました。

タグ:『満願』
posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇

2012年04月05日

選考委員になりました

 こんにちは。米澤です。

 今回、東京創元社が主催する「ミステリーズ!新人賞」の選考委員を務めることになりました。
「ミステリーズ!新人賞」は、短篇推理小説を対象とした賞です。細かな投稿規定などはこちらをご覧下さい。

 ミステリ短篇、好きなものがたくさんあります。
 正統派ならあれ、変化球ならあれ。列挙し始めると長くなりますが、食わず嫌いはそんなにない方だと思います。
 他の選考委員が新保博久・法月綸太郎という斯界屈指の碩学お二人ですから、私が迂闊にも「好き」と「良い」を取り違えるようなことがあっても、選考の中で正されることでしょう。

 重責をおそれる気持ちは、もちろんあります。緊張もしていますがそれ以上に、きっと面白いものが読めるんだろうなあと楽しみにしています。
posted by 米澤穂信 at 00:02| お知らせ

2012年03月08日

アニメ『氷菓』公式サイトが開設されました

 こんにちは。米澤です。

 先日、皆既月蝕がありました。部分月蝕はよくありますが、皆既となるとそうそう見られるものではありません。近所の公園に出かけ、底冷えする夜ぽかんと口を開けて空を見ていました。
 皆既月蝕の場合、月は赤く染まります。地平線近くで橙らしい色になる月はともかく、中天に浮かぶ真っ赤な月だなんて物語の世界の存在。割と楽しみにしていましたが、残念なことに、月が完全に赤くなることは最後までありませんでした。隅っこの方に白っぽい部分が残り続けていたのです。

 なぜ皆既月蝕では月が赤く染まるのか。地球の影に入っているはずの月に当たっている光とは何なのか。なぜ僅かに白い部分が残ったのか。地球からの散乱光が原因なのかなと思いはしますが、それで正しいのかは知りません。
 検索エンジンに「皆既月蝕 赤い理由」とでも打ち込めばものの一分で解決するでしょうが、まあ、いまは「不思議だね。どうしてだろう」で済ませて、検索はいずれ必要になった時にやることにしましょう。
 五月には金環蝕もあるとやら。また近所の公園でぽかんと口を開けるのでしょう。今度は昼間ですから、遮光に工夫が要りますね。



〈古典部〉シリーズのアニメ、『氷菓』に関し、公式サイトが開設されたのでお知らせします。


 また、京都アニメーション社がティザーサイトを開設しています。


 どうぞよろしくです。
posted by 米澤穂信 at 02:35| お知らせ

2012年01月28日

『Myster Seller』


mystery_seller.jpg

編:新潮社ミステリーセラー編集部
装幀:新潮社装幀室
出版社:新潮社

発売日:2012年1月28日
定価:税込788円
文庫判
ISBN:978-4-10-136675-3

「小説新潮」の企画「Mystery Seller」が文庫本になりました。
 拙作「柘榴」(初出「小説新潮」2010年9月号)が収録されています。
 以下に収録作一覧を記します。

我孫子武丸「夏に消えた少女」
有栖川有栖「四分間では短すぎる」
北川歩実「確かなつながり」
島田荘司「進々堂世界一周 戻り橋と悲願花」
竹本健治「恐い映像」
長江俊和「杜の囚人」
麻耶雄嵩「失くした御守」
米澤穂信「柘榴」
posted by 米澤穂信 at 08:11| 共著・アンソロジー

2012年01月17日

『本格ミステリ08』 『見えない殺人カード』


best_select_08.jpgMr_Blank.jpghonkaku08_B.jpg

(新書判)
編:本格ミステリ作家クラブ
解説:円堂都司昭
装幀:柴田淳デザイン室
出版社:講談社

発売日:2008年6月5日
定価:税込1160円
ISBN:978-4-06-182599-4

(文庫判)
解説:我孫子武丸
装幀:京極夏彦 with FISCO
出版社:講談社

発売日:2012年1月17日
定価:本体1229円
ISBN:978-4-06-277120-7

 本格ミステリ作家クラブが毎年編んでいるアンソロジーに、拙作「身内に不幸がありまして」を採っていただきました。
 新書判が『本格ミステリ08』という題名で、文庫判が『見えない殺人カード』という題名で出ています。
 以下に今回の収録作一覧を記します。

〈小説〉
「はだしの親父」――黒田研二
「ギリシャ羊の秘密」――法月綸太郎
「殺人現場では靴をお脱ぎください」――東川篤哉
「ウォール・ウィスパー」――柄刀 一
「霧の巨塔」――霞 流一
「奇偶論」――北森 鴻
「身内に不幸がありまして」――米澤穂信
「四枚のカード」――乾くるみ
「見えないダイイングメッセージ」――北山猛邦

〈評論〉
「自生する知と自壊する謎――森博嗣論」――渡邊大輔

〈解説〉
「本格ミステリ08解説」――円堂都司昭
posted by 米澤穂信 at 00:00| 共著・アンソロジー

2012年01月11日

『氷菓』がコミカライズされます

 こんにちは。米澤です。

『氷菓』がコミカライズされます。


kotenbu_comic01.jpg

kotenbu_comic02.jpg

kotenbu_comic03.jpg


 作画はタスクオーナさん。掲載誌は「月刊少年エース」(角川書店)です。
「33」が「45」になっていることに時の流れを感じずにいられません。

 第一回は1月26日発売の3月号に掲載されます。
 お楽しみ頂けることを願っています。

クレジット表示
posted by 米澤穂信 at 17:40| お知らせ

2011年12月31日

今年の総括です

 こんにちは。米澤です。

 今年はあれこれ意外なことがあったものの、長篇にはなかなか着手できない一年でした。
『折れた竜骨』が文学賞やランキングで評価して頂けたことを嬉しく思う一方、それが(年末とはいえ)昨年の仕事であることを悔しくも思っています。

 昨年に引き続き、短篇を書く機会を多く頂きました。
 4月に「万灯」(新潮社)。
 5月に「怪盗Xからの挑戦状」(NHK)。
 6月に「名を刻む死」(東京創元社)。
 同じく6月に「茄子のよう」(文藝春秋)。
 12月に「913」(集英社)。
 バラエティに富んだお仕事ができて、それぞれに楽しい思い出があります。

 ただ、常に何かをしていた記憶はあるのですが、それが新刊に結実しなかったのは本当に残念です。
 ともあれ、諸般の事情で開始が遅れましたが、「小説新潮」で『リカーシブル』の連載を始めることが出来ました。子供たちの心理と大人たちの事情をどこまで小説に落とし込めるか、毎月緊張しています。
 いまは、これを最良の形で世に出すことばかりを考えています。そして願わくば、次の小説、その次の小説も良いものとしてお届けできますように。

 今年もありがとうございました。来年、がんばります。
posted by 米澤穂信 at 22:32| 近況報告

2011年12月17日

「913」


「小説すばる」2012年1月号(集英社)収録
発売日:2011年12月17日 雑誌定価:880円



 もうお子様向きの冗談は終わってる。




 雑誌「小説すばる」に寄稿した短篇です。

 堀川二郎と松倉詩門は、高校二年生の図書委員。誰も来ない図書室で図書当番を務めていました。さんざん下らない話で暇を潰した末、ようやく仕事を始めようとした彼らを、引退した元・図書委員の浦上先輩が訪れます。
 浦上先輩は「ちょっといい話」があると言って、二人をアルバイトに誘います。その内容を聞いて、堀川たちは笑うべきかあきれるべきか躊躇います。……先輩の持ちかけたアルバイトとは、「おじいさんの遺した開かずの金庫」の番号を突き止めてくれ、というものだったのです。

 割とやる気の堀川と、いかにも気乗りしていなさそうな松倉。彼ら二人は先輩の誘いを受けて、日曜日に浦上家を訪れます。
 静かな書斎に鎮座する真っ黒い金庫に相対し、彼ら二人はあれこれと知恵を絞ります。金庫は四枚座。つまり求める金庫の番号は四つということになります。
 おじいさんの金庫に挑む、昼下がりの知恵試し。報酬は先輩と食べる夕ご飯。それは、頭悩ませつつも楽しい時間でした。

 そのはず、だったのですが。

posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇

2011年12月16日

〈古典部〉シリーズアニメ化の発表がありました

 こんにちは。米澤穂信です。

 拙作〈古典部〉シリーズのアニメ化が決まり、告知がありました。
 制作は京都アニメーション社。
 題名は『氷菓』です。

 詳しいことは、またおいおいお伝えしていけると思います。
posted by 米澤穂信 at 17:07| お知らせ

2011年07月05日

『推理小説年鑑 ザ・ベストミステリーズ2011』


2011best.jpg

編:日本推理作家協会
解説:千街晶之
装幀:百足屋ユウコ
出版社:講談社

発売日:2011年7月5日
定価:本体1,600円
四六判並製
ISBN:978-4-06-114912-0

 日本推理作家協会が毎年編んでいるアンソロジーに、拙作「満願」(初出「小説新潮」2011年5月号)を採っていただきました。
 以下に今回の収録作一覧を記します。

「人間の尊厳と八〇〇メートル」――深水黎一郎
「原始人ランナウェイ」――相沢沙呼
「殷帝之宝剣」――秋梨惟喬
「アポロンのナイフ」――有栖川有栖
「義憤」――曽根圭介
「芹葉大学の夢と殺人」――辻村深月
「本部から来た男」――塔山郁
「天の狗」――鳥飼否宇
「死ぬのは誰か」――早見江堂
「棺桶」――平山瑞穂
「橘の寺」――道尾秀介
「満願」――米澤穂信
posted by 米澤穂信 at 00:00| 共著・アンソロジー

2011年06月28日

『儚い羊たちの祝宴』


transitory_sheep.jpgMr_Blank.jpgthe_return_of_babel_club.jpg


(四六判)
著:米澤穂信
装幀:新潮社装幀室
出版社:新潮社

発売日:2008年11月21日
定価:税込1470円
四六判上製
ISBN:978-4-10-301472-0

(文庫判)
著:米澤穂信
装画:日月沙絵
装幀:新潮社装幀室
解説:千街晶之
出版社:新潮社

発売日:2011年6月28日
定価:税込500円
ISBN:978-4101287829



 わたしたちは、いわば同じ宿痾を抱えた者なのです。




 十一冊目です。
「小説新潮」誌などに掲載させていただいたシリーズに、書き下ろしを加えました。

 連作短篇集です。
「秘密の書架」を共有する二人を襲う、酸鼻な不幸。「身内に不幸がありまして」。
 その屋敷の一室には、空を紫に塗った絵がかけられている。「北の館の罪人」。
 愛らしく、それでいて人跡まれな山荘に、遭難者が消えた。「山荘秘聞」。
 わたしの弱さは生まれつきのものだったのだと、いまになって思う。「玉野五十鈴の誉れ」。
「バベルの会」を除名された元会員は、知りたくなかった真実を知る。「儚い羊たちの晩餐」。

 クラシカルで、どこか残照のような雰囲気の小説を書けないかと思っていました。物語好きの心に、何かちょっとでも響くものを、と。
 いつか、何かの形で読んでいただけたらと思っていた小説たちを、いまお届けします。

posted by 米澤穂信 at 03:13| 既刊情報

2011年06月22日

「茄子のよう」


「オール讀物」2011年7月号(文藝春秋)収録
発売日:2011年6月22日 雑誌定価:1,000円



 豊子が自分を愚図だと思い始めたのは、六歳の頃である。




「オール讀物」に寄稿した短篇です。


 豊子は三人の子供に恵まれた人生を送り、生涯連れ添った夫に看取られて逝った。
 死の間際に、彼女は自分の夢を見た。悪いこともあった。良いこともあった。
 最期、豊子はずっと忘れていた疑問を思い出す。もう何十年も前、見合いで夫と結ばれたすぐ後のこと。夫は豊子にこう言ったのだ。
「茄子のような嫁だよ」
 夫が豊子を評した、たったひとつの言葉だった。
 あれはどういう意味だったのだろう?


 誌上での推協賞発表・選評掲載に合わせて書きました。
posted by 米澤穂信 at 11:22| 雑誌等掲載短篇

2011年06月15日

『きみが見つける物語 あこがれのハイスクールライフ!』


tubasa_sp.jpg

作:谷川流・初野晴・米澤穂信
出版社:角川書店

発売日:2011年6月15日
定価:本体640円
新書判
ISBN:978-4-04-631162-7

『遠まわりする雛』に収録されている拙作「手作りチョコレート事件」が、角川書店の児童書ライン「つばさ文庫」に収録されました。
 なお対象年齢に鑑み、漢字にはふりがなが振られています。また、琴音らんまるさんの挿絵がついています。
 以下に収録作一覧を記します。


谷川流「涼宮ハルヒの退屈」
初野晴「クロスキューブ」
米澤穂信「手作りチョコレート事件」
posted by 米澤穂信 at 00:00| 共著・アンソロジー

2011年06月12日

「名を刻む死」


「ミステリーズ!」vol.47 2011JUN(東京創元社)収録
発売日:2011年6月12日 雑誌定価:1,200円



 そんな言葉に、いつまでも囚われていてはいけない。忘れなさい。忘れるしかないのよ。




 雑誌「ミステリーズ!」に寄稿した短篇です。


 福岡県鳥崎市で、一人暮らしの老人・田上良造が死亡した。死因は餓死と推定される。
 第一発見者の檜原京介は高校受験を控えており、学校からの帰り道に死体を見つけた。彼は取材陣に、「いつもは元気な人なのに、何日か姿を見てなかったので、気になっていたんです」と話す。

 それは嘘だった。京介は理由があって、田上良造が近々死ぬのではと思っていたのだ。
 真実を誰にも告げられないまま、田上の死はニュースとして消費され尽くした。もう誰も彼の話を聞かないかに思われた。
 しかし、遺体の発見から二十日後、ルポライターを称する女性が京介に接触してくる。

 太刀洗というそのルポライターは、田上良造の人となりを追っていた。
 人に言えなかったわだかまりを解くためには、田上がなぜ一人で死なねばならなかったのかを知るしかない。そう考えた京介は、取材に同行させてくれるよう太刀洗に頼み込む。

 鍵になる言葉は田上の日記に遺されていた。
『私はまもなく死ぬ。願わくは、名を刻む死を遂げたい』
 今際の願いは叶えられたのだろうか。



 日本推理作家協会賞受賞第一作となります。

posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇

2011年05月04日

「怪盗Xからの挑戦状」


web掲載(現在は掲載終了)
公開日:2011年5月4日



 美学。
 美学であれば仕方がない。私は力強く頷く。
「気持ちはわかる。大いにわかるぞ、怪盗X!」
「あなたならわかって下さると思っていました、探偵X!」
 そして我々はテーブル越しに、固い握手を交わした。所属する陣営は違えども、我々は美学を追究する同志である。それが汚された時、我々は何としてでもその汚点を拭い去らねばならない。そうでなければ探偵は探偵たり得ず、怪盗は怪盗たり得ないのだ。
 だが助手は、微かに眉をひそめていた。「あ、この人も残念な感じの人だ」と呟くのが聞こえる。




 人を傷つけないことを美学とする怪盗X。ポール・ゴーギャンの名画「オアラマオア」をはじめ、さまざまな財物を盗みだしてきた彼は、世にも稀なる絶品の血赤珊瑚「田端の女王」を狙っていました。
 狙った獲物が長野県のホテル・天弓館に隠されているという情報を掴んだ彼は、変装して下見に向かいます。
 ……そしてその晩、雪と事故に閉ざされたホテルで、一人の男が殺害されます。

 偽の身元を用意していなかったため、怪盗Xは警察が駆けつける前に天弓館を脱出。しかしそのせいで、彼は事もあろうに殺人事件の容疑者になってしまいます。
 自らの美学を守るためには、真犯人を見つけ出さなくてはなりません。怪盗Xは現場の状況を録画したデータを携え、ある人物を訪ねます。

 その人物こそ探偵X。違いのわかる男。
 天弓館での殺人事件は、探偵Xに突きつけられた挑戦状も同然となりました。そしてこの挑戦状は、同時に、読者・視聴者諸賢にも向けられているのです!


 テレビドラマ「探偵Xからの挑戦状!」(第3シーズン)用に書き下ろした短篇です。公開時の情報についてはこちらに記してあります。
posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇

2011年05月01日

「怪盗Xからの挑戦状」配信中です

 こんにちは。米澤です。
 現在、NHKの番組「探偵Xからの挑戦状!」用に書き下ろした短篇、「怪盗Xからの挑戦状」が配信されています。

 ミステリ短篇を少しずつ携帯電話に配信し、問題篇が終わったところでドラマ化。解決篇はそのドラマの中で行われるという趣向です。 ドラマの放映は5月5日です。
 ドラマ放映前には、読者の皆様から回答を募ります。番組終了後、正解率も発表されることになっています。
 詳細はこちら( http://www.nhk.or.jp/tanteix/top.html )にあります。

 短篇をお読み頂くには、携帯電話で「メニュー→NHK→探偵X」と進んで、配信登録が必要になるようです。


 これまで探偵X(竹中直人)が番組ナビゲーターを務めていましたが、せっかくなので、今回は探偵X自身を主役に据えました。怪盗X(塚本高史)の依頼を無事に果たせるのか。また、読者・視聴者は事件の真相を見抜けるのか。助手(長澤まさみ)は役に立つのか。
 オーソドックスなフーダニット(犯人当て)ミステリです。超難問ではないと思いますが……。
 そうですね。そうそう易問でもないと思いますよ。
posted by 米澤穂信 at 17:17| お知らせ

2011年04月23日

受賞しました

 こんにちは。米澤です。

 拙作『折れた竜骨』が、第64回日本推理作家協会賞を受賞しました。
 12世紀イングランドという時代、北海に浮かぶ孤島という舞台、十字軍国家から来た騎士と従者という主人公。どれも一般的とは言い難いモチーフでしたが、思いがけない評価を頂きました。

 読んで下さった皆様、書店や出版社、関係者の皆様にご報告します。
 ありがとうございました。
posted by 米澤穂信 at 15:58| お知らせ

2011年04月22日

「万灯」


「小説新潮」2011年5月号(新潮社)収録
発売日:2011年4月22日 雑誌定価:900円



 この国はいずれ、あの天然ガスを必要とする。一億何千万人というバングラデシュ人が豊かになるためには、エネルギー資源は必ず天井知らずに必要になる。あの資源は、いずれ私の子孫が明かりを点け、食べ物を冷やし、地下水を汲み上げるために使うべきものだ。




 雑誌「小説新潮」に収録された短篇です。

 日本の総合商社・井桁商事は新規事業としてバングラデシュの天然ガスに目をつけ、精鋭スタッフを送り込んだ。彼らはインドとの国境に近い地域を有望と考える。しかし現地は交通の便が悪く、調査は難航した。
 安全かつ迅速にプロジェクトを進めるためには、前線に開発拠点が必須だった。地図を検討した結果、小さな農村・ボイシャク村が拠点として最適だとわかる。

 しかし、村の長老の一人アラム・アベッドは、物資・人員を置かせて欲しいという井桁商事の要求をすげなく撥ねつけた。そればかりか、送り込まれた社員はリンチされ、重傷を負ってしまう。開発計画は暗礁に乗り上げたかに見えた。
 そんなある日、ボイシャク村から手紙が届く。拙い英語で書かれた言葉は短かった。「一人で来い」。
 交渉の糸口になるのなら、危険を冒すメリットはある。開発室長は一路ボイシャク村を目指す。

 そこでは、自らの仕事の正当性をも問われるような、過酷な運命が彼を待っていた。


「小説新潮」2011年5月号には、マガジン・イン・マガジンとして「Story Seller 2011」が入っています。本作はその中に加えて頂きました。

タグ:『満願』
posted by 米澤穂信 at 00:00| 雑誌等掲載短篇

2011年04月01日

『パイド・パイパー』


Pied_Piper.jpg

著:ネヴィル・シュート
解説:北上次郎
装画:杉田比呂美
装幀:東京創元社装幀室
出版社:東京創元社

発売日:2002年2月22日
定価:本体700円
文庫判
ISBN:978-4-488-61602-1

 ひとしずくもたらされる善意。その尊さが、胸に迫る。

 以前、「ミステリーズ!」のエッセイ「私の一冊」で、『パイド・パイパー』について書きました。
 その中の一文をオビに使って頂くことになりました。
 エッセイから引かれた関係上、オビ文には前後があります。さすがに全部書くわけにはいきませんが、少しご紹介します。
 年老いた紳士が「子供は私の責任」と確信し、気負うでなく、おためごかしでもなく、ただ自らの責任を全うするために全ての困難に立ち向かっていく。その高潔さに、心を打たれる。
 誰もが自分のことで精一杯な状況下で、それでもひとしずくもたらされる善意。その尊さが、胸に迫る。
 この小説が書かれたのは一九四二年。イギリスとドイツはまだ戦っていた。けれど、ネビル・シュートの筆は、敵を描く時でさえ品位を失わない。
『パイド・パイパー』は気高い小説です。巡り合わせとはいえ、私などがお薦めする機会を得られたことを光栄に思っています。
posted by 米澤穂信 at 00:00| 解説・推薦・編纂